海外不動産

img_realestate

住宅需要が高く空室リスクが低い
アメリカを中心とした不動産物件をご紹介しています。

アメリカは、 先進国でありながら人口が増加し続けている数少ない国です。
2012年の人口が約3億1750万人、これが2030年には3億6260万人に増加する見込みです。先進国で人口が増加しつつあるアメリカは当然、不動産の需要も高くなっています。WFCではアメリカの不動産の取扱いもしております。

アメリカ不動産の魅力

img_realestate

住宅需要が高く空室リスクが低い

特に注目されるのが、テキサスです。
テキサスは全米でも上位の経済成長をしている。2017年には北米TOYOTAの本社も移転してくる予定です。 今後シェールガス、シェールオイルでも大いに賑わってくることが予想されます。

また、アメリカは国土が広い事もあり、街を横に広げていく政策をとっている。その為、ダウンタウン(街の中心地)以外で高層建築はあまり見られません。
特に、テキサスは今後の人口増はもちろん、学校や企業の近くなど、立地の良い場所に新築物件が建てられる余地が少ない為、既存物件の安定した家賃収入が見込めます。 また、2008年のリーマンショックで底値だった不動産価値も上昇傾向にあり、物件売却時の売却益も見込めます。

img_realestate

建物資産価値が下がらない

アメリカは湿度が少なく木造住宅が傷みにくいため、日本の不動産のように不動産価値が下がっていくことがありません。
町や学校区、Streetよって不動産価格が決まっており、同じ通りにある築15年の家と築30年の家の価値は同じというのがアメリカの考え方です。

img_realestate

減価償却メリットがある

日本の税制で築22年以上の木造住宅は4年で減価償却が可能です。
また、日本では不動産価格のうち70%が土地、30%が建物の評価額となるが、アメリカでは土地が30%、建物が70%の評価となる。
物件価格のうち建物部分である約70%〜80%を最短4年で減価償却出来ます。
1000万の物件であれば約800万分。
800万÷4年=約200万が減価償却費として経費計上可能です。

ワールドファイナンシャルコンサルタンツ

お金の教養講座

資産保全のノウハウを連載形式でお届けします。

> すべての動画を見る

SNS

企業情報

World Financial Consultants Group

(ワールドファイナンシャルコンサルタンツグループ)

本社:WFC HongKong LTD.

  • ・ライフプランニング
  • ・ファイナンシャルプランニング
  • ・リスクマネージメント
  • ・相続対策、事業継承対策
  • ・経営コンサルティング
  • ・セミナー事業

> 会社概要を見る